発達障害の息子

我が家の長男は、幼稚園の頃から言葉も遅く何にしても上手く動けない子でした。でも生活も普通に出来る普通の子供何ですよ。幼稚園の先生から面談の場をつくって頂いて療育施設に通いながら詳しい検査も受けて、特定の事だけ出来ない簡単に言えばですけれど診断がでて特異性発達障害と学習障害の診断が出ました。

あくまでも幼稚園児なので100パーの診断ではないと思いますが、早めに対処して行った方が成長の助けになるとのことです。教育委員会からも支援学級が望ましいと通知を受けました。通知を受けるには、幼稚園の先生の見解や病院の診断書、教育委員会の面談、コミュニケーターの面談とを経て判断が下ります。

悩みに悩んで普通学級に入れました。やはり入学前から診断が出ていた上での普通学級入学でしたので普通学級でも先生達が対応し易く長男のためにだけプリントを別で作ってくれたり一生懸命にしてくださいました。早めに対処して来た結果…。100パーセントとは行きませんが平均点に対して80パーセントはテストで取ってくるようになりました。高学年も近づき勉強も難しくなってきますが親子で対処して行きたいと思ってます。